遺跡発掘作業の様子

遺跡発掘という仕事のイメージ

遺跡発掘の仕事って聞くと、エジプト考古學者の吉村作治さんが登場するような、土をヘラやハケで遺物を取り出す作業を思い浮かべるのではないでしょうか?

かれこれ20年以上前の話ですが、私は「遺跡発掘補助員のアルバイト」(非常勤職員)を4年間していました。

正直に言うと、歴史には全く興味がありませんでしたが(苦笑)、テレビでよく見る遺跡発掘作業の様子を見て、“作業は楽しそうだな!”と思っていた程度です。

それが、突然この仕事に出會うことになります。

私の兄の友人が、當時阪大に通っていて、學園內にある掲示板の求人情報に「遺跡発掘補助員の募集」を見つけたそうです。

彼がその仕事を1年ほどやった頃だったと思いますが、私に「この仕事やらへん?」と聲をかけてくれたんです。

當時の私は高校卒業後、家業であった繊維関係の仕事を始めたばかりでしたが、父親は他の仕事を経験するのもいいだろうと、週三日で働くことをOKしてくれました。

そうです。 學生でもないし、まったくのど素人でも雇ってもらえるのか?と思いましたが、紹介ということで大した面接もなく入ることが出來たのです!

発掘の仕事???ロマンを求めてこの「遺跡発掘補助員」という仕事をしてみたい!とお考えの方も多いのではないでしょうか?

それでは、仕事の詳細や裏側までお答えしますね。

基本的にどこを、なぜ発掘するのか?

いきなり街のど真ん中で、果ては田舎の山や周りは田んぼばっかりというような場所でも、ブルーシートを掛けて発掘作業をしているのを見かけませんか?

土を掘っていて、珍しそうな遺物が見つかったから報告して発掘作業が始まる???ということは、まぁ滅多にありません。

あらかじめ過去の文獻などから、“この場所は発掘すべき場所”というのは決まっています。

その決められた場所、つまり遺跡が眠っている土地に建物を建てる、開発するということが決まった時に、まず発掘作業を完了させなければ工事ができない決まりになっているんです。

とはいえ、発掘するための予算やそれを行なう人などを準備しなければ進みません。

という訳で、せっかく土地を用意しても、企業が建物の工事を開始するまでに數年待たなければならないという狀況も多々あります。

《裏話》とはいえ、ある場合には(おそらく、それほど重要なものが眠っている訳ではないからか?)建物を建てたい企業と発掘をするの組織の上の者が話し合って、発掘しないでいいように勝手に話を進める場合もあるようです。

當然この仕事を愛している技師さんはメチャクチャ怒りますね。

発掘開始から終わりまでの流れ

発掘現場

  1. 試掘
  2. 表土の掘削
  3. 遺構の掘削
  4. 白線引き
  5. 寫真撮影
  6. 実測
  7. 遺物取り上げ

1.試掘

発掘作業が始まって、まず行なうのは試掘(トレンチ調査)です。

試掘は技師さんと入札で決まった発掘作業會社の現場責任者たちで行ないます。

まず、発掘するエリアの中から技師さんが決めた場所に試掘抗を掘ります。

幅1メートル、橫に5メートルほどでしょうか?掘った斷面図から予想通り時代順に地層が殘っているのか、土器や石器などの遺物やオーパーツがあるのかをチェックし、今後の作業や掘り方などを決めていきます。(オーパーツは冗談ですからね)

2.表土の掘削

試掘の地層を見ながら徐々に掘り下げていく訳ですが、當然一番上の土が現代です。

試掘の地層(斷面)を見ると、そこから何層か下に時代を示す土器などが出土しているので、歴史調査に関係のない上の層まではユンボを使って、ある程度土を掘り下げていきます。

3.遺構の掘削 ←私たちの仕事はここから

調べたい地層に近づいたら、発掘作業員の方たちが大きいシャベルを使って、少しずつ、なるべく平らに土を削っていきます。(手があいたら手伝います)

削った土は一輪車やベルトコンベアーで外に運びます。

《豆知識》一輪車は腕力で運んでやろうとすると、結構ぐらつきます。
肘は絶対に曲げない!これだけで安定しますよ~

明らかに色の違う土が見え始めたところで、技師さんの指示のもと “ガリかけ” を始めます。(この辺りからの現場作業はみんな一緒にやります)

ガリかけは基本中の基本。

ガリかけとは

「手ガリ」という園蕓用の半月形の刃がついた除草用の鎌で土を削りながら遺物を探す作業のこと。発掘作業員の方と一緒に橫一列に並んで作業を行ないます。

この道具、両刃ですが、土と一緒に石も強く引っ掛けながら使うので段々刃が削れにくくなってきます。そんな時は現場にあるサンダーで歯を削って切れ味を戻します。

例えば、鎌倉時代の田んぼだったら、ガリかけで土の色が違うところまで平らにすると、牛の蹄の形だけ上の土が沈んでいたりします。

こんな感じで掘り進めると、必ず土器や石器の破片がいっぱい出てきます。

でも遺物をすぐに取り上げてはいけませんよ!

出土した土器は、後で寫真を撮ったり実測しますので、そのまま土の中にあった狀態で、動かないように周りの土を削っていきます。←これがよくテレビで見るヘラとハケを使っている様子です。

最終的にその地層の下まで土を削り、ガリかけで地表を綺麗にします。

4.白線引き

遺構に沿って白線を引きます。白線が引かれた発掘現場はよくテレビのニュースで見かけますね。

白線は石灰を水で薄めたもの。

お碗狀の容器に石灰と水を入れ、筆を使って、技師さんの指示通りに線を引いていきます。

5.寫真撮影

白線を引き終わったら、技師さんが橫に建てたやぐらの上から遺構全體が寫るように寫真を撮ります。

また、いくつかの遺物は埋まっている様子がよく分かるように近づいて撮影したりもします。
この時、大きさが分かるようにポールを置いたりします。

6.実測(図面書き)

寫真を撮り終わったら、私たち発掘補助員が図面を書きます。

 

発掘調査の図面書きとは

発掘補助員の主な仕事は、この図面の作成と言っていいでしょう。
3つの図面を作成します。

  • 【遺構(引いた白線)の縮尺図】
  • 【出土した土器などの平面図や斷面図】
  • 【側溝壁面の地層斷面図】

【遺構(引いた白線)の縮尺図】
簡単に言うと、白線を引いた遺構を上から見た狀態で実測して図面を書きますが、當然同じ大きさでは紙に書ききれませんので、50分の1といった縮尺図にして書くんです。

ここで登場する道具は、測量器具(レベルとスタッフ)や製図板と製図版を支える三腳です。

レベルとは測定するための器械、スタッフとは箱狀の大きい定規のことです。

レベルとスタッフを使う時の注意點は、レベルは水平に立てますが、ついつい作業中に體重を乗せちゃって水平がズレル場合がありますし、スタッフはスタッフを立てる人が前後に傾いていないか注意が必要です。

ちなみにレベル(測量機器)は高価で50萬円ぐらいしますので、プレハブ小屋の中では必ず鍵を掛けて保管しています。

〔作業手順〕
まず、レベル(別名トランシット:現場ではトラとも呼ぶ)を水平に立てる。

道路にあるターゲット(海抜何メートルか書いてある鉄の杭)を探して、そこにスタッフを立て、そこから高さを拾い、レベルの高さをキリの良い高さに調整します。(あらかじめ現場に高さが書かれた木杭を打ち込んである場合もあります)

今度は基準となる場所に木杭が打ってあるので、その上に釘を打って頭の高さをキリの良い高さに調整します。(「野帳」という現場で使うポケットサイズのメモ帳にメモ&計算をしながら)

なぜ木杭のうえに釘を打つのかというと、このあとこの現場で數十日の間、度々測量を行ないますが、その時の測量點としてレベルを簡単にセット出來るようにするためです。

次に、その木杭に打ち付けた釘の上に製図板を立て、釘の真上に製図板の中心がくるようにし、水平に設置します。(このへんのやり方はうろ覚えです。間違っていたらすみません)

後は、巻尺の0を製図板の下に一寸釘で固定し、白線のポイントとなる場所にポールを立て、巻尺で距離を測って大きな聲で長さを伝えてもらいます。

大きい現場だと、50メートルほど離れた所まで計測することもあります。風の方向によっては全く聲が聞こえません。

口の橫に手を添えるだけで、かなり遠くまで聲が屆くようになりますよ!

製図板で書く人は、三角スケールという縮尺定規をポールの方向に合わし、伝えてもらった長さの50分に1の所に點を書きます。

こんな感じで遺構が點と點で繋がりますので、あとはフリーハンドで遺構の形に線を書いていきます。白線全部書ければ縮図の作成は完了です。

このあとは、レベルを使って遺構の高さを部分部分計測して數値を書き込んでいく作業もあります。

【出土した土器などの平面図や斷面図】
“畫板”と“方眼紙”を使って計測した土器などを記録していきますが、そのためにはキチッとした方角と距離が必要。

その點で活躍するのが水糸です。

平面図の場合は、木杭と木杭を水糸でつなぎ、正確に計測した場所に一寸釘を刺し、そこに水糸を碁盤の目になるように張っていきます。

あとはコンベックスというメジャーを使って土器の書きやすいポイントを計測し、方眼紙に合わせて2分の1などの縮尺で點を書き、土器の形に點を結んで記録します。

斷面図の場合は、まずレベルを使ってキリの良い高さに水糸を張ります。

あとは、コンベックスを使って実測するだけ。

【側溝壁面の地層斷面図】
地層斷面図
最後に、側溝壁面の斷面図を書きますが、その前に準備として地層がハッキリ分かるように一寸釘を使って線を引かなくてはなりません。

この作業は技師さんがすることもありますが、私たち発掘補助員も行ないます!

最初は何も分からない自分がやってもいいのか???と感じます。(^_^;)

先輩がやっている姿を何回か見ていくと、どこに線を引いたらいいのか分かってきますので、ご心配なく。

ポイントは色の境と土質の違い(礫?砂?粘土)です。

線を引き終えたら、レベルを使って壁面いっをぱいいっぱいに、そしてキリの良い高さで水糸を張ります。この時も一寸釘を數カ所打って水糸を巻き付けて一直線上にします。

後は畫板とコンベックスを持って端から端まで実測していきます。

実測が終わったら、次は “土色帖” を使って地層の色、そして土質を記録します。

土色帖って、ネットで調べてみると2萬円以上もするんですね。當時はそんなことも分からずに使っていました。

同じ色でも赤みがかった、黒みがかった???と何種類かあるので、それを正しく判斷できる手帳です。

例えば、黃褐色、暗褐色といった具合に。

土質については、礫?砂?粘土をさらに細かく分類します。
砂→砂質土→粘質土→礫混じり粘質土???

記載する場合は、暗褐色粘質土のように[色]+[土質]です。

色を調べる時に気をつけたいのは、壁の土が乾いているか、それとも濕っているかです。 乾いていれば色が白っぽく、濕っていれば濃くなります。やり方としては、まずジョウロで壁を塗らし、ガリかけをしてから調べます。

 

遺物取り上げ

遺物の取り上げ作業
最後は、実測の終わった遺物をカゴに入れていきます。

ただ闇雲に入れるのではなく、ちゃんと區畫にそってカゴを分けて回収しますし、現場では綺麗に剝がそうとせず、多少土が付いたままです。

遺跡発掘補助員の雨の日の仕事

現場のプレハブで

現場のプレハブは、たいがい2階建てで1階は倉庫、2階は事務所になっている場合が多いです。

すでに出土した遺物がたくさんある場合、それらを整理したり、土器を洗ったりします。

屋內作業場

完全に雨で現場の仕事がない、または次の現場待ちという時は、屋內作業の建物に出勤して様々な作業をします。

  1. 遺物洗い
  2. 遺物の接合?復元
  3. 倉庫の整理
  4. 本の作成の助手

1.遺物の洗浄?注記
基本は水で洗って土を落とします。 ただ彌生時代などの昔の土器になると、簡単に溶けてしまうものもありますので、緩い流水または溜めた水に土器を濡らし専用のブラシで軽くたたきながら土を落とします。 やり過ぎると接合の時にピッタリくっつかなくなってしまいますので注意!

また、遺物1個1個にどこから出土したのかを面相筆を使って記號や數字を書きます。

2.遺物の接合?復元
現場で回収した遺物の入ったカゴの中から、同じ土器がないかを探します。

あればセメダインを塗りくっつけますが、すぐには付かないので洗濯ばさみで挾んだします。

カゴの中で付くものが無くなったら、今度は隣の區畫から同じ土器を探します。

最終的には1日中根気よく探して3つ見つかったら良い方って感じになります。(笑)

復元は、そうやってある程度接合したもの同士をくっつけてある程度壺といった形になった所で、足りない部分に石膏を流し込みます。

やり方は、土器の足らず部分の片側をうまく形になるように粘土でフタをします。そこへ石膏を流し込んで固まれば穴が埋まります。

シッカリ固まった所で、土器の自然さを出すために余分な石膏をナイフで削ります。

ちなみによく博物館で見かける復元土器って、色が塗られている物と石膏のままのものがありますよね?

ある先生は、色を塗った方がより実物を見ているように見えるから???

でも別の先生は、無い部分はあえて石膏のまま白い方が、本來見つかった土器がどこだったのかがハッキリ分かって良い???

このように先生によってどちらが良いのか意見が分かれているんです。皆さんならどちらが良いと思いますか?

3.倉庫の整理
倉庫は膨大な數の遺物の入ったコンテナでいっぱいです。中には作業できていない過去の物もありますので、そういったものを仕分けしたり、掃除したりします

4.本の作成の助手
この仕事は基本的に専屬の內勤の方がされている場合が多いですが、私は大阪府埋蔵文化財センターの時にトレースだけやりました。

メリット

楽しい!楽しい!楽しい!

まず、歴史にロマンを感じる方なら、好きなことを仕事に出來る幸せを実感できます!

そして、仕事仲間に恵まれやすい。(個人的主観です。たまたまだったかも!?)

未體験の作業を楽しみながら出來る、覚えられる。

遺跡発掘補助員の仕事のしやすさ

作業內容が多岐にわたり飽きません。

體力を使う仕事もありますが、無理しなくてもいいです。

休憩時間たっぷり。仕事をせかされることもありません。

現場が雨天でも、発掘補助員は倉庫內作業をさせてもらえます。

基本殘業無し

工期が押していてどうしても???ということがあるかもしれませんが、それでも30分殘業でした。殘業は滅多にありません。

本を作った時に名前が載る

彌生の環濠都市と巨大神殿 上町遺跡発掘調査報告書

発掘調査報告書などは後ほど技師さんによって本にされます。

私も手元に2冊殘っていますが「発掘調査及び整理事業遂行にあたり、下記の諸氏の參加、協力を得た」として名前が掲載されました。こういうのは記念になりますね。

ナイフで鉛筆削りが上手くなる

これはあるあるですが、現場には鉛筆削りようのナイフが何本も用意されています。

一日に何回も削りながら図面を書きますので、ナイフの扱いに慣れます。

デメリット

暑い寒い季節はこたえる

基本的に屋外作業で、しかも周りには風を遮るものが何もないような場所も多いですので、真夏は強烈な日差し、真冬は痔になるぐらい寒いです。

とはいえ、真夏は麥わら帽子、真冬はパッチを履きこんでシッカリ対策すれば、なんとかなりますし、休憩もちゃんとありますので大丈夫でしょう。

長期的に仕事があるのか分からない

現場が終わった時に、もし次の現場が無く予算も無いような狀態だと、続けることが困難になるかもしれません。

非常勤ならではのこの不安は最大のデメリットです。

求人募集と給料

遺跡発掘補助員の求人

私の場合がそうであったように、実際に働いている人からの紹介が最も確実です。

でも「遺跡発掘補助員」の求人枠に関して覚えておきたいことは、基本的に學蕓員の方及びそれを目指す大學生の割合がおそらく3分の1~半分ぐらいいるということです。

発掘の技師(いわゆる先生)になるための経験や情報を得るために、この仕事をしている真面目な方が多いんです。

しかし、當時學生でもなかった、高卒後、家業の手伝いをしていた私でも採用されたので、興味があって本當にやりたい方は可能性はありますが、やはり年齢が若くないと難しいかもしれません。未経験ならなおさらです。

では、仕事探しをまとめてみると以下のようになります。

  • 発掘を取り仕切る組織のサイトから応募
  • 実際に発掘の仕事に従事している方からの紹介
  • 大學內での求人情報
  • ハローワーク
  • タウンワークなどの求人情報サイト

「発掘を取り仕切る組織のサイトから応募」と書きましたが、私が知る限りでは財団法人の2つに分けることができます。(基本的に仕事內容も給料も同じですが、圧倒的に財団法人の方が大きくて力があります

私の場合は、最初の2年間は[舊名]大阪府埋蔵文化財協會後の2年間は和泉市教育委員會生涯學習課(部)に所屬しました。

大阪府埋蔵文化財協會のテレフォンカード
[寫真:免許所入れに殘っていた、擦れまくりの大阪府埋蔵文化財協會のテレフォンカード]

先生同士のつながりもあるので、現場が終わる頃に、別の動いている発掘現場を紹介して頂けることがあります。

ちなみに、新聞の折り込み広告やアルバイト情報誌(サイト)の募集でよく見かけるのは、“発掘補助員”ではなく“発掘作業員”の募集です。

発掘作業員は、確かに小さいスコップやヘラやハケを用いた発掘作業も行ないますが、基本的に土方(どかた、土木作業員)になりますので、発掘補助員と発掘作業員とでは雇われる組織(會社)や仕事內容も全く違います。

仕事の條件ですが、週3日~5日で応相談って感じでしょうか?

 

遺跡発掘補助員の給料

時給は900円ぐらい。
日給は6,400円ぐらいだったかな?

少しだけ交通費も出ました。

 

遺跡発掘補助員の勤務時間

午前9時~午後4時30分前後。

休憩はシッカリありますよ。 基本現場仕事なので、午前中の真ん中で15分お晝休み1時間午後の真ん中で15分合計1時間30分休憩あります。

男女半々でしたが、休憩時間も気の合う仲間たちでしたので、漫畫の貸し借りやトランプをやったり、麻雀を教えてもらったり、筍掘りやったり???休憩時間満喫でした。(※これは現場によります)

求人情報サイト一覧はこちら

 

まとめ

趣味性の強い職業であることは言うまでもありません。

特に私の場合は、歴史ウンヌンというよりも、作業內容の一つ一つがメチャクチャ自分に合っていた仕事だったので本當はずっと続けたかった。

非常勤職員という名の単なるアルバイトでしたので、23歳を目前に違う仕事探しを勧められてこの仕事は終了となりましたが、今でも自分の人生の中でとても思い出深い、一番やって良かった仕事です。

この仕事についてもっと知りたいと検索してこのサイトに辿り著いたのでしたら、給料は少し安いですが、応募できる環境、タイミングでれば是非チャレンジしてみてください。

この仕事から見えてくるものは、社會の縮図。
やっておいて損はないと思いますよ~